名大作曲同好会

“音楽”を創る。発信する。

盗まれたオルゴールと思い出めぐり

それは、名作同が発足する1年半前のこと。

どういう経緯だったかは分かりませんが、僕はある楽器の存在を知り、さんざん苦労してやっとその楽器を手に入れました。

超稀少楽器αオルゴールとの出会いです。

そして昨日、その愛機が。

 

盗まれました。

 

最初の記事にしては内容がやや暗いかも知れませんが、今日は「僕とαオルゴールとの思い出」を回想してみようと思います。

f:id:nu-composers:20190514201156j:plain

我が愛機

 

出会い

高校3年生だった頃、受験勉強を苦にした僕は常に発狂寸前、既に引退していた吹奏楽部によく遊びに行き奇声を発して転げ回っては後輩に呆れられるいう有様でした。

受験生のみんな、辛くても正気を保とう。

そんな日常の中で、いつしか僕は一つの楽器に惹かれるようになっていました。

確かTwitterか何かで見かけたのだと思います。

オルゴールであるにも関わらず、思うままの旋律を奏でられる楽しさ。

紙巻き式でクランク付きという、どこか古風な見た目。

木目調に似合いすぎる奥ゆかしい音色。

そして何より、自由な半音階。

その楽器の名前が、「33弁オルガニートαオルゴール」というのだと知りました。

 

明けても暮れてもネットサーフィン

 ニコニコ動画で調べると、αオルゴールの演奏動画は結構あります。

www.nicovideo.jp

 が、そのどれもが既存曲をオルゴールアレンジしたもので、

 「それ、オルゴールである意味あるのか?」

というものばかりでした。

つまるところ、僕はこの楽器で自分の曲を作りたくてたまりませんでした

 

もともと珍しいもの好きでもあった僕は、すぐにネットの海を探して回りました。

もともとαオルゴールを販売していたと思われるサイト(ココ)を発見し、¥37,000で売られていた形跡を見つけるも、販売は数年前に終了。

αオルゴールの製作者の名前が載っていたので、直接メールで聞いてみましたが、やはり販売再開のめどは立っておらず、手に入れるのも難しいとのこと。

数々のネットショッピングやオークションサイト、オルゴール同好会やオルゴール博物館のサイトに至るまで、調べ尽くしてもαオルゴールの影さえ掴めませんでした。

結局、僕はオルゴールを諦めてしまったのです……。

 

と思った矢先、なんと販売しているショッピングサイトを見つけました。

しかも4つも。

おまけに、そのどれもで定価¥37,000のはずのαオルゴールがなぜか¥20,000で売っています。

いや怪しいだろ。

後輩たちに嬉々としてこのことを話しますが、

「どう考えても怪しい」「詐欺に見える」「やめとけ」

などと賢明極まりないことしか言ってくれません。

それでも僕は止まらない。

若さって怖いですね。

ついには、購入したい旨のメールを送ってしまいました。

 後日届いた返信には、ここに払ってくださいと銀行口座が指定されていました。

f:id:nu-composers:20190514201541j:plain

いや異国情緒溢れる名前だな??

流石の僕も疑い始めました。

よく考えたら、サイトの名前も「dacjponrions」「hanfaleca」など、読み方すらよく分からない意味不明な名前です。

Amazon楽天とは大違い。

あとメールの文章がやや日本人離れしてるし。

 

そうです、詐欺でした。

会社名で照会したら、全く関係のない会社の名義を流用していたようです。

サイバー警察に通報しておいたら、数日後にサイトがなくなってました。

こうしてあやうく詐欺にまで遭いそうになり、ついに僕はαオルゴールを手に入れるのを諦めてしまいました。

 

運命の達磨オルゴール大学

もう諦めようと思っていた折、一つのサイトを偶然発見しました。

それこそが、運命の「達磨オルゴール大学」だったのです。

見てみると、今までのサイトのような怪しさは微塵もなく、ただただオルゴール愛溢れる色々な写真や文章が踊っていました。

そして、なんとあのαオルゴールが当たり前のように売っているではありませんか。

値段は¥100,000

共鳴箱にこだわっており、高級になっているようでした。

とても買える値段ではないが、猛烈に欲しい。

ダメ元で、社長さんにメールしました。

内部のメカニックだけでも安く譲っていただけないか。

我ながら無理な頼みだったと思います。

 

ついに手にした喜び

そして数日後、僕の家にはあの愛機、αオルゴールが届いていました

社長さんのご厚意で、一台だけ残った練習機を¥30,000でお譲りいただいたのです。

本当に、本当にあのときの感謝は忘れません。

その日は一日中、αオルゴールと戯れていました。

本当に嬉しかった。

 

せめて愛されて

そんなオルゴールが、昨日盗まれました。

鍵を掛けたとは言え、大学のロッカーに置いたのがまずかったのかも知れません。

完全にこのオルゴールを狙っての犯行でした。

前から狙われていたのだと思います。

現在企画中の「オルゴールコンサート」、主役を飾るはずだったαオルゴールを失いました。

いつまでも落ち込んではいられませんが、犯人が見つかる見込みは低い気がしています。

せめて元気で愛されて、僕のオルゴール。

お前で舞台を飾りたかったが、何とかコンサートは実行するから!

元気で!!